毛穴パックを使うときは注意が必要!

毛穴が気になる人なら一度は使ったことがあると思うのが毛穴パック。自宅で自分ひとりで簡単に頬や鼻など気になる部分の毛穴に詰まった汚れを落とすことができるということで人気の商品ですよね。

しかも、価格もお手頃。ちょっと試してみようかなーと軽い気持ちで使えますし、また、毛穴パックをはがしたときに汚れがパックにごっそりとついているのを見ると、きれいになったのが嬉しくて何度も繰り返してやってみたくなってしまいます。

ただ、毛穴パックによるトラブルもあるので注意が必要。もし 誤った使い方をしてしまうと、毛穴パックを使うことで肌を傷つけることになります。

毛穴パックには種類が2種類あります。シート状のものと洗い流すタイプのもの。

特にシート状の毛穴パックは要注意。パックをはがした後は、汚れが落ちて毛穴が開ききった状態になっています。

この状態でそのまま肌を放置してしまうと、せっかく汚れが取れた大きな毛穴に、別の汚れが次々と詰まっていってしまうことになり、せっかくきれいに掃除した意味がなくなってしまうんです!

他にも、毛穴パックに使われている「メンソール」のせいで、肌がかぶれてしまうという肌トラブルもあるようです。

清涼感を売りにして売られているこうしたメントール入りの毛穴パックは、敏感肌の人は使わない方がいいでしょう。

敏感肌にはMICHIURU(ミチウル)もおすすめ!

毛穴パックは、確かに1回使っただけでもかなり毛穴の汚れを取り去ることができるのですが、すっきり落ちる分、肌への刺激も強いというデメリットもあります。

たった1回の使用でも、肌の皮脂を取り去ってしまうので、乾燥を引き起こしてしまう可能性があるんです。これが続くと、肌の奥にある角質層にまでダメージを受けてしまう可能性があります。

なので、毛穴パックはあまり頻繁に使わない方がいいでしょう。頻度はできる限り少なく、できれば 1週間に1回程度のペースで使うようにして、それ以外のときは普通の洗顔で汚れを洗い流すようにしましょう。そして、洗顔後には化粧水や美容液でしっかりと肌を保湿することで、毛穴を引き締めてケアをしていくのがいいでしょう。

便利で簡単な毛穴パックですが、使い方を間違えると毛穴に角栓ができやすくなってしまう恐れもあります。 汚れがきれいに取り去れるからといって頻繁に何度も毛穴パックをするのではなく、ペースを守って正しく使うことで、せっかくの肌をトラブルから守るようにしてあげましょう。